鳥取県のアクティビティ予約なら"鳥取ツアーズ"♪

《2019夏休み・お盆》絶景の鳥取砂丘パラグライダー!どきどき体験レポート!

鳥取のNo.1観光スポット「鳥取砂丘」にて大人気のパラグライダーに挑戦!初心者が気になる料金や持ち物、アクセスなど申込から実際の体験まで徹底まとめ!

観光名所「鳥取砂丘」でパラグライダー体験!

鳥取県の最大の観光地である「鳥取砂丘」。年間を通じてたくさんの観光客が訪れていますが、その特有の地形を活かした様々な体験プランやアクティビティがあるのをご存知ですか?
今回は特にそのなかでも人気の高い鳥取砂丘でのパラグライダー体験を行ったので記事にまとめました。
筆者自身、パラグライダー自体が初めての経験でしたので、特に初心者の方向けに申込みから事前準備、現地への行き方まで記載しています。
是非、参考にしてゴールデンウィークや夏休みの選択肢にしてくださいね!

鳥取砂丘とは

言わずとしれた鳥取県随一の観光スポット

見渡す限りの青い空・海・そして砂。東西約16km、南北約2.4km、日本最大級の規模を誇る砂丘は鳥取を代表する観光スポットです。
砂丘とは風で吹き寄せられた砂でできた丘のことで、荒れ果てた広野の砂漠とは違います!風紋をはじめとする自然が描く模様や急斜面を登った馬の背から望む日本海、夕景は息をのむ美しさです♬
約10万年以上かかって今のような広大な姿になったという鳥取砂丘では、今でも縄文土器や弥生土器を見つけることができるほどです。

鳥取砂丘は年間約200万人の観光客が訪れる日本国内で見ても大変有名な観光スポットです。そこにあるのは砂だけでは?と思ったら大間違いですよ!
風や潮流が作り出す砂の模様や砂地に生きる動植物たち、さらには砂丘ならではのスポーツやアクティビティなど、ここでしか体験できない不思議やワクワクがいっぱいです!
パラグライダーのような定番のアクティビティから、砂の斜面をスノーボードのように滑り降りるサンドボード、アジア随一の砂丘地での体験ができるセグウェイなど鳥取砂丘ならではの楽しみ方もあります!周遊ツアーもお忘れなく!

鳥取砂丘パラグライダースクール(砂丘本舗)

鳥取砂丘の西部、こどもの国近くに拠点を構える鳥取砂丘パラグライダースクール(砂丘本舗)は、公益社団法人日本ハング・パラグライディング連盟(JHF)公認指導員が、安全・安心をモットーに特に初心者の方でも無理なく楽しめる指導をしています。

特に鳥取砂丘でのパラグライダーは風が比較的安定しており、障害物もないので安全です。
また鳥取砂丘パラグライダースクール(砂丘本舗)でのパラグライダー体験では、基本的にお客様に体験をお楽しみいただけるように、多少の悪天候でも講習を行うこともありますが、安心・安全のために常に天候や気象状況に気を配っており危険であると判断し1本もフライトしていない場合はすべての料金を返金しています。

加えて、3歳以上で右左の区別がつく方であれば基本的にはどなたでも体験することができるのも魅力の1つです。ご年配のかたでも体力と相談しながら夢のフライトを実現できます。

初心者でも安心!鳥取砂丘でパラグライダー体験 - 申込から体験終了までの流れ

申込み・料金

鳥取砂丘でのパラグライダーは、鳥取ツアーズのWEBページからご予約が可能です。
鳥取ツアーズ経由であれば前日の18時までのインターネット予約が可能なので大変便利♫ もちろんスマートフォンからもご予約可能です。

▼予約ページはこちら

お電話でも前日・当日予約が可能ですので、お気軽にお問い合わせくださいね!
電話番号:050-5433-9129

 

鳥取ツアーズでは、鳥取砂丘パラグライダースクール(砂丘本舗)での体験で《半日コース》のみのご提供をしていますが、そのなかでも下記2つのプランをご選択いただけるようになっています。

・【通常プラン】 8,000円 (税込/1名あたり)
・【楽ちんプラン】 11,500円 (税込/1名あたり)

「通常プラン」と「楽ちんプラン」で実施内容・時間は変わりませんが下記の違いがあります。

  • 「通常プラン」:アクティビティ中のパラグライダーの機材(7~8kg)の運搬をご自身で行っていただきます。
  • 「楽ちんプラン」:アクティビティ中のパラグライダーの機材(7~8kg)の持ち運びを、スタッフが代行いたします。体力に自信のない方や、お子様連れのご家族、飛びたいのにあきらめていたお年寄り向けのコースです。

事前準備・服装・持ち物

初めてのパラグライダー!しっかりと準備をしたいですよね。
基本は《運動ができる格好・靴》と《軍手》《保険証》そして《水分補給用のお飲み物》を必須でお持ちください。
そのうえで、パラグライダーを行う鳥取砂丘は季節や天候によって気温差や日差しの強さの幅がありますので、【日焼け止め】【帽子】【上着】【サングラス】の持ち込みを推奨しています。
特に砂丘の特性上、コンタクトの方は砂が直接目に当たることも想定して是非サングラスをお持ちになることを強くおすすめします! 一度でも砂丘にコンタクトを落としてしまうと決して見つかりませんので、替えのコンタクトを持ってくることも忘れずに!

行き方・アクセス

鳥取砂丘パラグライダースクール(砂丘本舗)の受付場所へは大きく2つの行き方があります。

1. 車・タクシーの場合

  • 鳥取市内から約15分。以下の住所にカーナビをセットすれば基本的にOKです!受付場所から道路を挟んで30mの場所に無料の専用駐車場を用意しています。

【鳥取砂丘パラグライダースクール(駐車場)〒680-0001鳥取県鳥取市浜坂1390-239】

2. 公共交通機関をご利用の場合

  • 路線バスにて、JR鳥取駅より所要時間約20分。「子供の国入り口」バス停にて下車。そこから徒歩約6分。
鳥取砂丘への路線バス》
・砂丘線:時刻表はこちら 運賃表はこちら
・岩井線[中央病院・網代]蕪島行:時刻表はこちら 運賃表はこちら
・岩井選[岩井温泉上]長谷橋行:時刻表はこちら 運賃表はこちら

動作指導・注意事項説明

集合場所で受付を済ませたあとは開始時間まで基本の動作確認と注意事項の説明をします。ベテランインストラクターが初めての方でもわかるように丁寧にお伝えしますので安心です。
特に飛行中は基本的に参加者自身がパラグライダーを操作しますので、飛行中の操作方法は不安がなくなるように繰り返し体が覚えるまで何度も教えます。

これが基本姿勢の「バンザイ」のポーズです。まっすぐパラグライダーが進みます。

風をしっかり受けるためにはこの「肩」のポーズ。ポイントは握る力を入れすぎず正面を向いてリラックスすることです。

右に曲がりたいときは「右」のポーズ。曲がりたい方の手を胸の横まで下げます。握りはあくまで柔らかく。

左に曲がりたいときは「左」のポーズです。

着地の際は両手を下までぐっと下げるポーズを取ります。。注意点はおしりから着地しようとせず、しっかり地面に足が着いたらそのまま転ばないように後ろに後ずさることです。
座ってしまうとそのまま後ろに引きずられることがあり危険ですし、着地して前に進もうとすると逆に風を受けてしまい浮力を得て再度空に舞い上がってしまいます。これもまた危険です。

何度も反復してイメージトレーニングをしましょう!

※ちなみに鳥取砂丘内にはトイレはありませんので、必ず移動するタイミングまでにトイレを済ませておいてくださいね!

フライトスポットに移動

時間になりましたらいざ出発です。受付場所からご自身で使うパラグライダーを担いでフライトスポットまで歩いて移動します。
パラグライダーの機材は大きいものだと7〜8kg。決して軽くありません。またフライトスポットはその日の天候や風の状況を見極めてインストラクターが微調整しますが、少なくとも受付場所からは15分ほどは歩きます。もちろん鳥取砂丘はすべて砂地で平坦な道も少ないので重労働ですが、インストラクターが鳥取砂丘の豆知識や鳥取県内の観光情報などを話してくれるので、思ったほどの距離は感じないですよ♫

とはいえ、体力に自信の無い方やお子様がいらっしゃる場合は事前に【楽ちんプラン】を予約して機材の運搬をスタッフにサポートしていただいたり、保護者やパートナーの方がサポートして移動するようにしましょう!
フライト前に体力をなくしてしまっては飛行中の安全に関わりますし、なにより最後まで楽しい時間を過ごすのが一番ですしね♫

いざテイクオフ!

フライトスポットに着いたらまずは水分を補給して一休み♫
天気がいい日は鳥取砂丘と澄み切った日本海のアクアブルーのコントラストの絶景を楽しめます。
空気が澄んでいる日は西の遠い彼方に中国地方最高峰の「大山(だいせん)」を拝むこともできるかも!?

水分補給が終わったらいよいよフライトの準備です。持ってきたパラグライダーをインストラクターに広げてもらいます。
操縦に利用する「ブレークコード」を抑えながら、パラグライダーの骨組みである「ライン」を絡まないように伸ばします。
風を実際に受ける「キャノピー」を一通り広げたら準備完了です!「ハーネス」を体に装着し、抑えてもらっていたブレークコードを握ります。

インストラクターにラインを持ってもらいつつキャノピーに風を集めパラグライダーを立ち上げます。
そのまま背筋を伸ばして正面を向きながらバンザイの姿勢を保ち、少しずつ前に進みます。
すると・・・・あるところからふわっと体が宙に浮きます♫

あとは何度も練習した「バンザイ」「肩」「右」「左」を駆使して風をコントロール!
背後からインストラクターが都度指示を出してくれるので初めてでもうまく飛ぶことが出来ます♫
この瞬間が最高に気持ちいい。絶景を眺めながら風を掴み、鳥になった気分になれます。
飛行中の高さも大体10mほどでしたのでそこまで恐怖心も感じませんでした。

着地したら一気に「引く」のポーズ!
インストラクターがハーネスから脱ぐのを手伝ってくれました。

体験当日は少し風が強かったので、インストラクターにフライトスポットまでパラグライダーを運んでもらいました。
風が強くない日は着地点で自分でパラグライダーを畳んでフライトスポットまで持って上がります。
そしてまたフライト、を2〜3度繰り返します。

片付けまでが体験

楽しい時間はあっという間に過ぎ去ります。終了時間が近づいてくると今度は帰りの準備です。
インストラクターが参加者みんなにパラグライダーの畳み方を教えてくれます。ラインやブレークコードが絡まないように気をつけながらキャノピーを畳んで持ってきたバッグのなかにしまいましょう。

あとは楽しかった余韻を胸に、背中にパラグライダーの機材を背負って、受付した集合場所までみんなで戻ります。
ドキドキしながらフライトスポットに向かっていた往路とはまた違った充実感と程よい疲労感を持って、帰りの砂丘は違って見えるかもしれません♫

受付した集合場所まで戻ってきたら、終了です!お疲れ様でした!

体験の感想

人生初のパラグライダーに正直ドキドキしていたところはありましたが、一度あの不思議な浮遊感を味わってしまうと病みつきになります!
空を飛んでいるときは1人なので操作が事前に特に不安を覚えていたのは操縦動作の部分でしたが、序盤からかなり丁寧に何度も何度もインストラクターが教えてくれるのに加えて、飛行中も具体的な指示をくれるので安心して身を任せていました。

また、気象条件や風の変化に常に気を配っていたのも印象的で、初心者やパラグライダーに興味があったものの諦めていたような方は是非参加をおすすめします!
一般的な山間部でのパラグライダーよりも格段に安全性が高く、ハードルも引くので鳥取砂丘での想い出作りにはもってこいですよ♫

まとめ

鳥取砂丘自体は全国的にも名が知られていますが、鳥取砂丘内でのアクティビティは実はまだまだ発展途上です。今回の記事で初めて知った方、知っていたけれど躊躇されていた方などは是非この機会に絶景の空中散歩にトライしてみてはいかがでしょうか?
特にゴールデンウィーク(GW)や夏休み・お盆は混み合うので事前予約は必須です!鳥取ツアーズでも体験予約を取り揃えていますので、お早めにチェックしてみてくださいね♫

鳥取砂丘パラグライダー体験の詳細はこちら↓

鳥取砂丘で体験できるその他のアクティビティの詳細はこちら↓





鳥取のその他のアクティビティはこちらから↓
鳥取ツアーズ

アクティビティの予約から参加までの流れ

アクティビティを探す
シーンや時間帯からやってみたいアクティビティを探してみましょう♪
予約プランの申し込み
申し込みたいプランを決めたら、日付と時間帯を選んで申し込み開始!
予約確定
予約が完了すると、鳥取ツアーズから連絡がきます♪
アクティビティに参加
あとは当日参加するだけ!思いっきり楽しんじゃおう!!