鳥取県のアクティビティ予約なら"鳥取ツアーズ"♪

鳥取の2月の天気・服装・おすすめアクティビティをご紹介!

鳥取の2月について

出典:©️鳥取県

鳥取県の人気観光スポットである「鳥取砂丘」のイメージが強いため、県外の人からは砂漠のように年中乾燥していると思われている鳥取県。しかし、氷ノ山や大山といった美しいゲレンデがあるように、冬は雪がたくさん降ります。では、ウインタースポーツをしない観光客には、2月の鳥取県は関係ないかというと、実はそんなことは全然ありません!ゲレンデ以外にも見るべきもの、訪れるべき場所が2月の鳥取にはたくさんあります。
本記事では、あまり世間に知られていない2月の鳥取県の天気や服装情報とともにオススメアクティビティをご紹介いたします!

鳥取の2月の天気

出典:©️鳥取県

鳥取県は日本海側に位置しているため、実は日本有数の豪雪地帯。そのため12月から2月の間は雪の日が多く、特に1月から2月は最低気温が氷点下に近づきます。2月の鳥取は、平均気温が4℃前後と東京の平均が5℃前後であるということと比べると気温自体はほとんど変わらないことがわかると思います。しかし、日本海側に位置する鳥取の場合大陸からの寒気が入るため、東京よりも体感的には5℃ほど寒い印象です。

2月平均気温   4.4℃(東京:5.7℃)
2月降雨量    159mm(東京:56mm)

鳥取の平均気温は、14.9℃なので2月は年間の中で寒い方だとと言えますが、その分雪も多く、ウインタースポーツを行う上では最高のコンディションと言えます。また、2月はその寒さに関係するイベントが開催されることも多く、鳥取観光を行う際に実は2月はオススメできると言えるでしょう。

2月の鳥取の服装と持ち物

2月の最高気温が平均8℃前後の鳥取と比較して、東京は10℃前後なので、基本的には東京の冬と同じようにダウンジャケットや厚手のコードは必須です。また、日本海側からの寒気が入りこむ日が多いこともあり、ニット帽、ネックウォーマー、手袋、マフラーなどの小物も持参しておくと万全です。特に、2月の鳥取でウインタースポーツを計画している場合、ニット帽やネックウォーマーなどの小物があると、ボードやウェアなどをレンタルすればすぐにゲレンデに行くことができるので、持参することをオススメします。

2月の服装

女性:ロングパンツ、インナー(ヒートテック)、アウター(コートまたはダウンジャケット)、マウンテンパーカー、ヒールのついていない靴等
男性:ロングパンツ、インナー(ヒートテック)、アウター(コートまたはダウンジャケット)、マウンテンパーカー、スニーカー等

2月の持ち物

前述のように、日本海側からの寒気が流れ込むため、朝晩は非常に冷えるので防寒具があると非常に便利。

女性:ニット帽、手袋、マフラー等
男性:ニット帽、手袋、ネックウォーマー等

鳥取の2月の主なイベント

2月の鳥取は寒くて何もイベントしていないんじゃないの?と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、そんな寒い2月のイメージを吹き飛ばすような心があったまるようなローカルなイベントがたくさんあります。その中でも、是非一度は行って欲しい他県とは違う魅力的なイベントをご紹介します!

智頭宿雪まつり

出典:©️鳥取県

かつて宿場町として栄えた鳥取県八頭郡智頭町。そんな智頭町では、毎年2月上旬に雪まつりが開催されます。宿場町のなごりを残す智頭町に、雪灯籠や竹灯籠の灯りがが静かに灯され、幻想的な空間を味わうことがででしょう。そんな日本の冬の原風景というべき光景を見ていただき、心が温まるひとときを2月の鳥取県で過ごしてみるのはいかがでしょうか?疲れた心が癒されること間違いなしですよ♪

しょうがポカポカフェスタ

出典:鳥取市公式ウェブサイト

鳥取県気高町は古くから生姜の産地で、400年以上前の戦国時代に気高町を納める亀井茲矩によって因幡国に持ち込まれたと言われています。
鳥取県内では、気高町の日光地域と瑞穂地域が産地になっており、毎年2月下旬には、気高町の浜村駅周辺で「しょうがポカポカフェスタ」が開催されます。当日は、百邪を防ぐとして近年注目を浴びている「生姜」と地元観光名所である「浜村温泉」がコラボし、訪れた方々の心身のリフレッシュを目的に、屋台や歌のステージなどが催されます。風邪が流行る寒い2月に、生姜を食べて温泉に入り、心身ともにあったまりましょう!!

マンガアワードSHOW

出典:とりネット

国内外の個性溢れるマンガ家を発掘することを目的とて、毎年国際マンガコンテスが鳥取県で行われています。応募作品の中から受賞作品が選ばれ、受賞作品は毎年2月下旬に開催されるマンガアワードSHOWで声優による公開アテレコが行われます。入場料金は無料ですが、声優によってどのようにマンガに命が吹き込まれアニメーション作品になるという貴重な瞬間の目撃者になれます。また有名声優の方を招き、毎年爆笑間違いなしのトークショーも開催されます。寒い2月を吹き飛ばす笑いで、身も心もあったまる鳥取旅行を計画するのもいいですね♪

鳥取の2月のおすすめアクティビティ

鳥取の2月のアクティビティの中心は、やはりスキー・スノーボードなどのウィンタースポーツです。ウインタースポーツ以外にも、スノーシューやカヌー体験など、鳥取の2月の季節や自然を活用したアクティビティーもあります。ここでは、鳥取の2月のオススメアクティビティーについてご紹介します!

スキー&スノーボードスクール(教室)

2月の鳥取県でウィンタースポーツを検討しているのなら、氷ノ山スキー場がオススメです。鳥取市街地から車で40分程度で行けますが、他のゲレンデと比べて利用客も多くなく穴場感満載です♪また、レンタルショップが3店舗あり、県外から手ぶらでスキー・スノーボードを利用することができます。スキー・スノーボード初心者の方には、氷ノ山スキー場で指導実績豊富なベテラン講師が在籍するスクールに通ってみるのもオススメします。

↓氷ノ山スノースクール キッズスキーレッスン予約

↓氷ノ山スノースクール 一般(小学3年生以上)スキー&スノボーレッスン予約

スノーシュー

鳥取を代表する日本二百名山の1つである氷ノ山(ひょうのせん)。中国地方では同じ鳥取県内の大山(だいせん)に次ぐ標高である1,510mの名峰です。山の中腹以上にはブナの原生林が生い茂り、天然記念物のイヌワシやツキノワグマも生息する大自然が色濃く残ります。ゲレンデでスキー・スノーボード以外のこともやって見たい!この冬は思い出に残る魅力的な体験をしたい!!など、他とは違う雪山アクティビティーをやりたい観光客の方には、スノーシュー体験をオススメします。装備などを全部レンタルできるプランもご利用できる場合もあるので、お気軽にお問い合わせください。

↓氷ノ山の魅力は夏の登山だけじゃない!西日本屈指のスノーシュースポットで冬の登山を楽しもう♪

多鯰ヶ池カヤック(カヌー)

鳥取砂丘のお膝元にあり、環境省の重要湿地500に選ばれた多鯰ガ池。かつては日本海とも繋がっていたが、火山活動の停止によって堰き止め湖となった。そんな多鯰ガ池には鳥取砂丘のオアシスとして、通年を通して四季折々の景観を楽しめる鑑賞スポットが満載です。春は新緑、夏は睡蓮の花、秋はマミズクラゲ探し、冬は渡り鳥。シーズンごとに顔を変える大自然の景観を楽しみながら、ジャングルクルージンなどいかがでしょうか。

↓カヤックでジャングルクルージング♫

まとめ

2月の鳥取で他とは少し違った体験をしてみるのはいかがでしょうか?年度末前の社会人の方がリフレッシュために、大学生が卒業旅行で一味違った旅をするためにも、2月の鳥取県をオススメします。

鳥取のその他のアクティビティはこちらから↓
鳥取ツアーズ

関連コラム

アクティビティの予約から参加までの流れ

アクティビティを探す
シーンや時間帯からやってみたいアクティビティを探してみましょう♪
予約プランの申し込み
申し込みたいプランを決めたら、日付と時間帯を選んで申し込み開始!
予約確定
予約が完了すると、鳥取ツアーズから連絡がきます♪
アクティビティに参加
あとは当日参加するだけ!思いっきり楽しんじゃおう!!