鳥取県のアクティビティ予約なら"鳥取ツアーズ"♪

鳥取市-仁風閣-

出典:4travel.jp

仁風閣の風景

仁風閣のテラス

仁風閣の紅葉

宝隆院庭園と仁風閣

螺旋階段

出典:4travel.jp

仁風閣とは

久松山の麓にある「仁風閣(じんぷうかく)」は、明治時代に建てられた白亜の洋風建築です。

1907年に第14代当主・池田仲博侯爵により、当時の皇太子嘉仁親王(のちの大正天皇)の山陰行啓時の宿泊施設として建てられた、池田家の別邸として知られています。

「仁風閣(じんぷうかく)」という名前は、元帥海軍大将・東郷平八郎によって命名されました。

フレンチ型ルネッサンス様式を基調とした建物で、白亜の木造瓦葺の外観や日本庭園の美しさが評価され、1973年に国の重要文化財に指定されました。

当時の皇太子(のちの大正天皇)がお泊まりになられた、「御座所」や「謁見所」などの部屋が並ぶ2階の部屋など、各部屋の違いを楽しむことができます。1階の奥にある階段は、木造の支柱がない螺旋階段で、とても珍しいです。

仁風閣での遊び方

非日常的な華麗な洋館にうっとりでき、優雅に館内を鑑賞ができます。

館内では、皇太子さまが宿舎として使われた、当時の部屋を見学することができます。

各室は「御座所」や「謁見所」など、現在でも当時の名称で呼ばれており、実際に使用された机や椅子などの家具も展示されています。

職人さんの工夫や技術が結集している仁風閣ですが、そのなかでも、仁風閣の奥にある「螺旋階段」の構造には特に驚かされます。

支柱が存在しない螺旋階段は非常に珍しく、全国的にも貴重なもので、高さ4mにも及ぶ曲線美はまさに芸術品となっており、日本の匠が感じられます。

  • 開館時間 – 9時~17時(入館は16時30分まで)
  • 休館日 – 月曜日(祝日の場合は開館)、祝日の翌日、年末年始
  • 観覧料 – 一般150円(小・中・高校生は無料)

仁風閣周辺で楽しめるアクティビティはこちら↓

仁風閣の詳細

名称 仁風閣(じんぷうかく)
所在地 〒680-0011 鳥取県鳥取市東町2丁目121(MAPで見る
アクセス 車:JR鳥取駅からバスで5分
駐車場 あり(お堀端と鳥取県庁北側の駐車場を利用)
食事(周辺) あり
トイレ あり

全アクティビティを見る↓
鳥取ツアーズ

特別コラム

アクティビティの予約から参加までの流れ

アクティビティを探す
シーンや時間帯からやってみたいアクティビティを探してみましょう♪
予約プランの申し込み
申し込みたいプランを決めたら、日付と時間帯を選んで申し込み開始!
予約確定
予約が完了すると、鳥取ツアーズから連絡がきます♪
アクティビティに参加
あとは当日参加するだけ!思いっきり楽しんじゃおう!!